2018年3月29日木曜日

気づいてなかった


日々、桜の花が開いていき、
回り道するのが楽しい季節ですね。

徳島中央公園。
TOKUSHIMAのセントラルパーク。

ここから見る風景、ピンクとグリーンだったんですね。
なんだか盲点(゜゜;)
あと10歩進むと…ピンクの世界です。


*N.Y.C & T.S.C セントラルパークの魅力を探る研究会*
http://lofthousestore-news.blogspot.jp/2018/03/512nyc-tsc.html


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2018年3月27日火曜日

生まれ変わる。


納屋→住まいに。
豆腐工場→住まいに。
過去に、このような設計事例があります。

リノベーションといいますか、コンバージョンといいますか。
簡単に言うと、
今ある建物の、用途をも変えて活用する方法です。

先日の研究会 vol.31 まちなかリノベーション。
進行中の2物件に加え、
コンバージョンの事例もご紹介しました。

新しく住まいを…と考えはじめたご夫婦。
ご実家の、母屋の隣にあるガレージ兼納屋。

鉄骨で組み上げられた構造体、これを生かさない手はありません。
眼下に広がる景色や、植栽のグリーンもしっかり取り込み、
この建物が持つ良さを大事に…
納屋が、家へと生まれ変わりました。

鉄骨の三角屋根はそのまま見せ、小屋裏空間に。
コタツのある、くつろぎ場所として使って下さっているようです。
ふんわり優しいご夫婦のお顔が浮かびます(*´ω`*)

建物が家でなくても、家になるんですね。

気づかれていない、有効活用できる空間。
まだまだ眠っているかもしれません。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月23日金曜日

鉄骨造の可能性


 
現在進行中のプロジェクトを追う vol.31 まちなかリノベーション
ふたつ目の事例は、3階建て鉄骨造の住宅です。

今回の研究会のメインテーマは
 「この建物、使えるのか?使えないのか?」

この問い掛けのひとつの解として…『重量鉄骨はいいね!』
そうなんです!重量鉄骨はいいんです。

何がいいかというと…構造を積極的に利用できること。

ご紹介した住宅は、1フロア 間口7m×奥行10m の約70㎡。
このボリュームが2階、3階へとつづき、合計約210㎡の空間があります。
このスペースを形づくり、支えるのは、外周にある6本の鉄骨柱と梁。
耐震計算はこれらの柱と梁をもとに行われているので、
内部の壁を取り払っても問題なし!

つまり… 重量鉄骨造は、間取りを自由に変えることが可能です(*^^*)

これが最大のメリット。
ご家族構成や住まい方の変化に、制約なく柔軟に対応できます。
先代が残してくれた建物に、次世代の新しい暮らしが生まれます。

…ということで、提案プランは大きく間取りを変更。
今の生活をより快適に、プラス気持ちよく過ごせるアイデアを盛り込みました。

居住スペースである2階、3階をつなぐ階段位置も変える計画です。
既存の階段部分は敢えてふさがず、
透過性の床材を用いて、下階に光がもれる仕掛けに。
今あるものを活かすリノベーションを選択したから付いてきた、
嬉しいおまけですね☆

完成予定は、この冬。
今後の研究会で、その過程や仕上がりを見ていただけるかもしれません!
全3回でお届けする、まちなかリノベーション。
次回に、乞うご期待です。

ちなみに…
たとえば、まちなかで暮らしたいと考えたとき、
このような鉄骨造の中古建物を購入し、リノベーションする形で、
新しい住まいとして仕立てることができます。
まちなかだと、更地を探すのがむずかしかったり、
あったとしても費用的に高額になり過ぎたり。
そんな場面で、鉄骨造の中古物件。
あれば十分に!活用できますよ。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月22日木曜日

とりのぞくこと。へらすこと。


徳島のまちなか。
人気のエリア。
そこに、昔からあるおばあちゃんの家。
「ここで暮らせますか?」
新しくお住まいを考えるご夫婦に、相談を受けました。

便利な立地ながら、アクセスはちょっと狭いめの道。
近隣で目にする車は、ほとんど軽自動車。
今乗っている、この普通車では入っていけない?
そもそも家自体もどうなんだろう…住めるんだろうか?

LOFT HOUSE STORE 研究会 vol.31
進行中のまちなかリノベーション物件についてお話しました。
まずは、ひとつ目のプロジェクトからご紹介します。

前述のようなお話ではじまった、今回の計画。
家は、築65年くらいの木造2階建て。
平屋だった建物に、増築&リフォームを重ねられたようです。

このご家族の問いに、私たちが出した答えは…
「塀を取り除くこと」
「建物を減らすこと」

まちなかゆえ、
余計に必要とされた塀かもしれませんが、ここはあえて一部撤去。
プライバシーを守りたい部分のみ残し、
円滑に通れるよう、車が入れるよう、塀を除くことを提案しました。

加えて、約110㎡ある建物も、
2階建ての部分を解体し、平屋のみを活用。
50㎡強のスペースに、ロフトがあるプランをご提示しました。

ご夫婦は、早くも完成を楽しみに待って下さっています。
よくよくお聞きすると、プランをご覧になる前から、
この家で暮らせるかもしれない!?という可能性を聞いて、
その実現を心待ちにされていたよう。

思い入れのある、おばあちゃんの家。
生まれ変わるのを、ご家族の皆さんも楽しみにしてくれているようです。
数ヶ月後、みなさんの笑顔が見れるよう!
ご期待に応えねば!です。

もしかしたら…
見ることのなかった普通車の進入になるかもしれません!?
ご近所の方々にも、暮らしやすい環境となれば、
まちなかの価値、さらに上がるかもしれませんね。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【終了】4月27日(金)いいかげんな家づくり

 
ナカノジロウ建築デザイン事務所の家づくりカタログ “いいかげん” ができました。
今回はその中から、まちなか暮らしの2例をじっくり紹介。
お施主さんの生の声が聞けるかも!?
家づくりに興味のある方はぜひ遊びに来て下さいね。

[ 日 時 ] 4月27日(金) 18:30〜20:30

[ 定 員 ] 10名程度
[ 参加費 ] 無料

ぜひお気軽にご参加ください。
→お申し込みはこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します 

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【終了】4月11日(水)暮らしにいいもの研究会~料理の道具 その② 焦げ目つく道具~


焦げ目つく道具
 ル・クルーゼのグリル・ロンド
 ホットサンド バウルー ダブル

じっくりローストしたチキンブレス&直火で焼いたタマゴ入りのホットサンドを
楽しく一緒に作ってみましょう!
美味しい“焦げ”をみんなでいただきます。


[ 日 時 ] 4月11日(水) 11:30〜13:30
[ 定 員 ] 10名程度
[ 参加費 ] 800円

ぜひお気軽にご参加ください。
→お申し込みはこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~暮らしにいいもの研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 






 




2018年3月20日火曜日

【終了】5月12日(土)まちなか研究会 ~N.Y.C * T.S.C ~


ニューヨークシティ
トクシマシティ

NYのセントラルパーク
TOKUSHIMAのセントラルパーク


画像・映像・お話から魅力を探ります。
実はほとんど同じ??…いややっぱりぜんぜん違う?!
新たな発見があるかもしれません。

[ 日 時 ] 5月12日(土) 14:00〜16:00
[ 定 員 ] 10名程度
[ 参加費 ] おみやげ付き 500円

ぜひお気軽にご参加ください。
→お申し込みはこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~まちなか研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月15日木曜日

サクラ咲く(*´ω`*)

 
春です~。
ソメイヨシノより一足お先に花開く、
徳島公園のハチスカザクラ。
ただいま、見頃☆


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月14日水曜日

自転車の季節


見上げると、キレイな青空がつづく毎日ですね。
寒さも和らぎ、
自転車ではしるのが気持ちよくなってきました(*^^*)

通勤は、ほぼ自転車。
肌身で季節を感じます。

ちなみに、家からロフトハウスストアまで約2km。
自転車で10~15分くらいの通勤です。

以前は、おうちまで約6km。
自転車で30分くらい…?正直、自転車は使わず、
車とか原付バイクとか、ガソリンに頼っておりました。
一目惚れで買ったベスパも、
今のおうちに引越し後、ほどなくお友達のもとへ…
すっかり乗らなくなってしまいました。

暮らす場所によって、移動手段も変わりますね。
身をもって経験しました。

自転車生活、なかなかに身軽です☆

荷物はいっぱい運べませんが、
持たない工夫と、うまく乗せる工夫をするようになります。
お天気に少々左右されますが、
歩く努力をするようにもなりますね。
意外に時間短縮できたり、駐車場いらずだったり。
自分の足でこいだら進む道具…運動も促します!

人間とは、選び与えられた環境に、順応する動物ですね(*^^*)

毎日一緒に過ごす、お気に入りの MY 自転車。
通勤用にと、カスタムして用意してくれた1台です。
https://tokyobike.com/

これからの季節、
さらに心地よく、まちを駆け抜けます~。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月12日月曜日

ロフトハウスに暮らす…ファミリー?


キッチンに立つお母さんウサギ。
おやつを待って、テーブルにスタンバイしてる子供リス。
玄関先に、訪ねてきたお友達のタヌキくん。

ロフトハウスに暮らすシルバニアファミリー達。
さてさて、この家の中に、何人いるのやら?

ちいさな家研究会 vol.30 「シルバニアファミリー的 家づくり」
ロフトハウスの模型で、暮らし方のシミュレーションです。

ご用意した25坪のロフトハウス。
1階は、LDK・水回り・プラス α のお部屋。
このプラスのお部屋は、寝室として活用してもらうこともできます。
2階は、吹き抜けを囲むL型のスペース。
ベッドを置きながら、3人寝れますね~なんて話もしました。

ご参加の皆さんも一緒に、
家具をレイアウトしたり、人形達をそこかしこに並べてみたり。
「家政婦は見た」的な動物もいましたね☆

模型を使うことで、
より具体的に、ロフトハウスでの暮らしを
イメージしてもらえたご様子(*^^*)

いまだかつて作ったことのない縮尺での模型。
しっかりと遊んでいただけるサイズです!
研究会の後は、STOREでディスプレイ中。
ぜひ実物を、ご覧になっていただきたいです。
ほんとに結構楽しめますよ~。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~ちいさな家研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月4日日曜日

建物は古いが気に入っている ~アパートのリノベ~


朝日、かもめ、雪、エイ、
クルーズ船、花火、ブルーインパルス…

毎日、窓を開けるのが楽しい。
まちなかでも “ 何か ” を得ることができる。
ひょうたん島を、川向かいから望む方の、暮らしのワンシーンです。

まちなか研究会 「vol.28 ひょうたん島に住む。」
賃貸アパートのリノベーション事例も紹介しました。
この変化が、なかなかにオモシロいのです(゜▽゜*)
ぜひ聞いてください☆

リノベーション前
 建物の真ん中の外階段を挟み、
 向かい合わせに3DKと1LDKの2物件。
 数年にわたり入居者がおられないという状況。
 こんないい場所なのに。
 もしかしたら、間取り的に、半畳のお風呂や脱衣できる場所はどこ?など、
 今の暮らしになじみにくいのかな…
  ↓
リノベーション後
 外階段を挟んだ2部屋を、内部の壁を撤去してつなぎ、
 4LLDK!の1つの物件に。
 2つある玄関のひとつは、あえてふさぎました。
 新しいご家族が暮らし始め、
 お年頃の2人のお子様にも個室が与えられたご様子。
 この間取りなら、きっと次の入居者も見つかるでしょう!

今回のケースは、
賃貸物件を提供される方からのご相談もあり実現しました。
まちなか生活を叶えるアプローチは、
更地に新築、という方法だけでないことを改めて実感します。

購入した中古物件をリノベーションする、
現在の生活に合う間取りにリノベーションされた賃貸物件を借りる。
どちらも、数十年前から変化した、今の住まい方に寄り添ってくれます。

特に、この賃貸物件の before & after を通して、
少しの工夫で、より生かされる場所があることを知りました。
このような賃貸物件。たとえば…
まちなか生活を体験したい方の、お試し空間としても
大いに活用できるのでは!と思います。

私たちのアイデアで、ひとつでも多く、
気に入って毎日を過ごせる暮らしの場所が増えていくことを
実現したいと、心から思います。

毎朝、窓を開けて川を眺める生活。
今日は、大群の魚の群れを見つけ、海から迷い込んだ??と
家族の会話が弾んだようですよ。楽しそう(*^^*)


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~まちなか研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






2018年3月2日金曜日

【終了】3月21日(水) まちなかリノベーション[ 全3回 ]



第1回 この建物、使えるのか? 使えないのか?

先代からの建物を引継ぎ、リノベーションして利用する と決めたとき、
家族や街にどんな化学反応が起こるのか?!
進行中の2つのプロジェクトを追う全3回シリーズ。


[ 日 時 ] 3月21日(水) 18:30~20:30
[ 定 員 ] 10名程度
[ 参加費 ] 茶菓付き 500円

ぜひお気軽にご参加ください。
→お申し込みはこちらから


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~ちいさな家研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・