2018年5月16日水曜日

…で、どっち???


セントラルパークと聞けば…ニューヨーク?
あ、でも、素直に訳すと…中央公園?
ってことは、徳島にもある?
こことここ、案外似てない??

…などなど言いながら、vol.34 まちなか研究会。
NYのセントラルパークとTOKUSHIMAのセントラルパーク。
それぞれの魅力を探ってみました。

まずは、映像から ♪ ご覧ください~
行ったことがある方も、ない方も。
よくご存じの方も、そうでない方も。

どこからNYC?
どこからTSC?
https://www.youtube.com/watch?v=v_WHRwj7VLY&t=28s


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~まちなか研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2018年5月15日火曜日

ガウディのエッセンス


家づくりカタログ “ いいかげん ”
これまでの住宅実例をまとめています。
この中より、まちなかの2事例を
vol.33 ロフトハウスストア研究会にて、ご紹介しました。

1つ目の「植物に囲まれながら子育てを楽しむ。」ご家族に続き、
2つ目のお住まいは「カサ・バトリョの理論を拝借。」

間口が約6mのまちなかの土地。
南北には、すでに隣接する建物がありました。
ここに、プライバシーを守りながら
明るさと解放感を得るには…?

その答えには…
たとえば、こんなアイデア(*^^*)

・光を採り入れるために、2.5m四方のコートを設けました。
 空から降り注ぐ光は、コートからお部屋へと導かれます。

・コートに面する外壁は、白く塗装。
 こうすることで、壁に反射した光は、より明るく室内へ。
 この壁は、屋根の高さまであり、
 隣地からの目線をカットする役割も担っています。

・1階の窓サイズは、2階より大きくしています。
 コート越しの光は、暗くなりがちな1階にもしっかりと届きます。

これらは、スペインの建築家ガウディが設計した、
集合住宅カサ・バトリョの考え方をアレンジ。
ここ徳島のまちなかで、個人住宅に大いに活かされました。

様々な条件のもとでの家づくり。
それぞれに仕掛けを、ぎゅっと!盛り込んでいます。

ちなみに、こちらのコート。
時に、ご家族のダイニングスペースにもなっているようです。
空の下でご飯かぁ。いいですね。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2018年5月13日日曜日

【募集中】6月13日(水)暮らしに良いもの研究会 ~おうちカフェのススメ~



珈琲ひとつでも、本格ハンドドリップからお湯を注ぐだけドリップバックまで、
そろえておきたい道具と材料。
おうちカフェでおもてなし。
紅茶、日本茶、中国茶などもあります。
時間内であれば何時でもご参加いただけます。
お気軽にお立ち寄り下さい。

[ 日 時 ] 6月13日(水) 14:00〜16:00
[ 定 員 ] 10名程度
[ 参加費 ] 茶菓付き 500円 ( ※茶葉など持込歓迎 )

ぜひお気軽にご参加ください。
→お申し込みはこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~まちなか研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年5月10日木曜日

【終了】5月23日(水)まちなか研究会 ~ウォーク・ランチ・ウォーク~



ウォーク・ランチ・ウォークまちなか散策と美味しいの組合せ

新緑が美しい城山の歴史散策 60分ウォーク
川沿いのカフェでランチを楽しんで
水際公園〜寺町を散策 60分ウォーク

[ 日 時 ] 5月23日(水) 11:30〜14:30
[ 定 員 ] 10名程度
[ 参加費 ] まち歩きガイド付き ランチ実費1000円程度

ぜひお気軽にご参加ください。
→お申し込みはこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~まちなか研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年5月9日水曜日

「いいかげんな家づくり」から2年


そして、しわしわと手を加えながら家は変化していっております。

暮らし始めてもうすぐ2年になるご家族から頂いたメッセージ。
住まい手さんの声もまじえながら…の
vol.33 「いいかげんな家づくり」 研究会。
家づくりカタログ “ いいかげん ”に掲載した住宅14例より、
まちなかでの事例を、具体的に2つご紹介しました。

まずは…
「植物に囲まれながら子育てを楽しむ。」ご家族のお話。

ほどよい目隠しを、と木のルーバー。
敢えて造りこまなかった、土のままのお庭。
設計時、迷い悩まれるお客様と相談を重ねながら、
ちょうどいいかげんで、中庭を仕上げました。
2年の時を経て、ルーバーにはグリーンがつたい、
土だった部分は、植物と砂場とレンガに様変わり。
あの時、家づくりに携われた皆さまが、
きっと目を見張られるのでは?と思うほどです。

楽しんで暮らしていらっしゃるなぁ(*^^*)
本当に嬉しい限りです。

つけて加えて…
「良いかげん」の家です、本当に。
…と、思わず笑みのこぼれる言葉も添えて下さいました。

本当に必要なものは?
「いい加減」を見極めていく。
未来の可能性も、デザインしたい。

LOFT HOUSE STORE がご提案する
ちいさな家とまちなか暮らしにも通じる大切なことです。

おうち完成後の、素敵な住まい。暮らし。
それを体現されている様子は、
私たちにも刺激を与えてくれました。

今後も、家づくりカタログ “ いいかげん ”  から
様々な事例を少しずつお伝えできれば…と思っています。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年5月2日水曜日

ひょうたん島で暮らすと…


嬉しいお知らせが舞い込みました!
今、徳島のひょうたん島エリアで、
新しい生活をはじめられる「土地と家」
セットでご提案できます。

LOFT HOUSE STORE がおすすめしている、
ちいさな家とまちなか生活。

新築の家。
なかなか住宅用地の出ない、内町小学校区。
具体的に、ご相談をお受けできます。

この場所だと…たとえば、こんな毎日も。

愛犬を連れてのお散歩は、徳島公園。
お子さまは、内町小学校から徳島中学校へ。
このエリアは、お母さん方に人気が高いようです。
ご近所のそごうへは、すいてる時間帯&夕方が狙い目。
お買い物がてら、図書館へもすぐ足を延ばせます。
恒例の阿波踊りには、もちろん歩いて。
親戚やお友達も招きやすい場所は、自慢のひとつになりそうです。
ほかにも、あれやこれや…!
まちなかでの暮らし、楽しみも増えそうです(*´ω`*)

詳しくは、お問い合わせください。
ご相談、お待ちしております。

http://lofthousestore.com/contact.html

2018年4月23日月曜日

まちなかの家


いいかげん。イイカゲン。良い加減。
文字ではうまく伝えられませんが、
イントネーションと抑揚で、
ニュアンスがだいぶん変わってくる言葉ですね。

家づくりカタログ “ いいかげん ”
これまでに完成した住宅のうち、14例を掲載しています。

その中の2例を、詳しくお見せする次回の研究会。
まちなか暮らしを実現されたご家族のお話です!

車2台、置けるのかしら?
隣接するご近所の目線は、どうしたらいいの?
…そんな、まちなかならではの問題もクリアしています。
具体的な事例から、そのアイデアをご紹介。
ご家族も、毎日楽しく暮らされているご様子です(*^^*)

よかったらご一緒に☆
いいかげんという意味も読みときましょう~。

4月27日(金)18時30分~
詳しくはこちらをご覧ください↓
http://lofthousestore-news.blogspot.jp/2018/03/427.html


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年4月20日金曜日

見た目だけじゃないんです!


なつかしい調理実習の雰囲気さながらに、はじまりました!

vol32. 暮らしにいいもの研究会 ~料理の道具 その②~
『焦げ目つく道具』を実際に使って、作って食べるランチタイム(*^^*)
あっという間の楽しい時間でした。

メニューは、
ローストしたチキンブレス&タマゴ入りホットサンド。

下味をつけた鶏肉は、ル・クルーゼの「グリル・ロンド」で焼きます。
並んだ溝が、い~ぃ感じの焼き目を付けてくれ…美味しそう!
この溝が余分な油を落とし、ヘルシーに調理できます。
パサパサになりがちなムネ肉、焼き加減でしっとり仕上げました。

大量のゆで卵はむいてつぶして、タマゴサンドに仕立てます。
こちらは、「バウルーダブル」というサンドイッチ・トースターを活用。
ガスコンロの直火で焼いていきます。

みなさんと一緒に手分けしながら、作業は順調に進行。
気がついたら、鶏もサンドイッチも見事な焼き上がり!
旬のニンジンを刻んだ、キャロット・ラぺも添えて…
いただきまぁす(*^^*)

カリっと。
じゅわっと。
みんなでワイワイ食べる。シアワセですね~。

どちらの道具も、姿かたちが可愛いのが特徴です。
持って、飾っているだけでも満足できそう!
…と言いながらも、見た目だけでないこと、よぉく分かりました。

ご興味のある方は、ぜひ↓ 公式サイトをご参考までに。
https://www.lecreuset.co.jp/
http://www.italia-shoji.com/sub25.html


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~暮らしにいいもの研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年4月6日金曜日

残したいモノ


今年の桜は、入学式を待たずに終わりそうですが、
季節を先取り、キンモクセイのお話を少し。

毎年、オレンジ色の花と一緒に、
甘い香りが秋の訪れを知らせてくれる木。
ぼやっとしていても、
その香りに季節の移り変わりを気づかされます。

この度、離れていたご実家を建て替え、
移り住むことを決められたお客様。
中庭には、お気に入りのキンモクセイがあります。
できれば残したい。
見せていただいた木は、2階の物干し台をも超える高さでした。

もっと大きくなったら手に負えなくなるのでは?
心配のお声もありますが、
上手にお付き合いしていけるというプロのアドバイスも。
シンボルツリーとして大事にする形で、プランニングしました。

ちいさな家とまちなか生活。プラス金木犀です。

残したいモノ。
昔からそこにある木も、その大切なモノのひとつ。
今年の秋は、工事の途中でしょうか。
出入りされる大勢の方に、その香りが届くのかな。
現場で愛でられるのが、今から楽しみです(*´ω`*)


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月29日木曜日

気づいてなかった


日々、桜の花が開いていき、
回り道するのが楽しい季節ですね。

徳島中央公園。
TOKUSHIMAのセントラルパーク。

ここから見る風景、ピンクとグリーンだったんですね。
なんだか盲点(゜゜;)
あと10歩進むと…ピンクの世界です。


*N.Y.C & T.S.C セントラルパークの魅力を探る研究会*
http://lofthousestore-news.blogspot.jp/2018/03/512nyc-tsc.html


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2018年3月27日火曜日

生まれ変わる。


納屋→住まいに。
豆腐工場→住まいに。
過去に、このような設計事例があります。

リノベーションといいますか、コンバージョンといいますか。
簡単に言うと、
今ある建物の、用途をも変えて活用する方法です。

先日の研究会 vol.31 まちなかリノベーション。
進行中の2物件に加え、
コンバージョンの事例もご紹介しました。

新しく住まいを…と考えはじめたご夫婦。
ご実家の、母屋の隣にあるガレージ兼納屋。

鉄骨で組み上げられた構造体、これを生かさない手はありません。
眼下に広がる景色や、植栽のグリーンもしっかり取り込み、
この建物が持つ良さを大事に…
納屋が、家へと生まれ変わりました。

鉄骨の三角屋根はそのまま見せ、小屋裏空間に。
コタツのある、くつろぎ場所として使って下さっているようです。
ふんわり優しいご夫婦のお顔が浮かびます(*´ω`*)

建物が家でなくても、家になるんですね。

気づかれていない、有効活用できる空間。
まだまだ眠っているかもしれません。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月23日金曜日

鉄骨造の可能性


 
現在進行中のプロジェクトを追う vol.31 まちなかリノベーション
ふたつ目の事例は、3階建て鉄骨造の住宅です。

今回の研究会のメインテーマは
 「この建物、使えるのか?使えないのか?」

この問い掛けのひとつの解として…『重量鉄骨はいいね!』
そうなんです!重量鉄骨はいいんです。

何がいいかというと…構造を積極的に利用できること。

ご紹介した住宅は、1フロア 間口7m×奥行10m の約70㎡。
このボリュームが2階、3階へとつづき、合計約210㎡の空間があります。
このスペースを形づくり、支えるのは、外周にある6本の鉄骨柱と梁。
耐震計算はこれらの柱と梁をもとに行われているので、
内部の壁を取り払っても問題なし!

つまり… 重量鉄骨造は、間取りを自由に変えることが可能です(*^^*)

これが最大のメリット。
ご家族構成や住まい方の変化に、制約なく柔軟に対応できます。
先代が残してくれた建物に、次世代の新しい暮らしが生まれます。

…ということで、提案プランは大きく間取りを変更。
今の生活をより快適に、プラス気持ちよく過ごせるアイデアを盛り込みました。

居住スペースである2階、3階をつなぐ階段位置も変える計画です。
既存の階段部分は敢えてふさがず、
透過性の床材を用いて、下階に光がもれる仕掛けに。
今あるものを活かすリノベーションを選択したから付いてきた、
嬉しいおまけですね☆

完成予定は、この冬。
今後の研究会で、その過程や仕上がりを見ていただけるかもしれません!
全3回でお届けする、まちなかリノベーション。
次回に、乞うご期待です。

ちなみに…
たとえば、まちなかで暮らしたいと考えたとき、
このような鉄骨造の中古建物を購入し、リノベーションする形で、
新しい住まいとして仕立てることができます。
まちなかだと、更地を探すのがむずかしかったり、
あったとしても費用的に高額になり過ぎたり。
そんな場面で、鉄骨造の中古物件。
あれば十分に!活用できますよ。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月22日木曜日

とりのぞくこと。へらすこと。


徳島のまちなか。
人気のエリア。
そこに、昔からあるおばあちゃんの家。
「ここで暮らせますか?」
新しくお住まいを考えるご夫婦に、相談を受けました。

便利な立地ながら、アクセスはちょっと狭いめの道。
近隣で目にする車は、ほとんど軽自動車。
今乗っている、この普通車では入っていけない?
そもそも家自体もどうなんだろう…住めるんだろうか?

LOFT HOUSE STORE 研究会 vol.31
進行中のまちなかリノベーション物件についてお話しました。
まずは、ひとつ目のプロジェクトからご紹介します。

前述のようなお話ではじまった、今回の計画。
家は、築65年くらいの木造2階建て。
平屋だった建物に、増築&リフォームを重ねられたようです。

このご家族の問いに、私たちが出した答えは…
「塀を取り除くこと」
「建物を減らすこと」

まちなかゆえ、
余計に必要とされた塀かもしれませんが、ここはあえて一部撤去。
プライバシーを守りたい部分のみ残し、
円滑に通れるよう、車が入れるよう、塀を除くことを提案しました。

加えて、約110㎡ある建物も、
2階建ての部分を解体し、平屋のみを活用。
50㎡強のスペースに、ロフトがあるプランをご提示しました。

ご夫婦は、早くも完成を楽しみに待って下さっています。
よくよくお聞きすると、プランをご覧になる前から、
この家で暮らせるかもしれない!?という可能性を聞いて、
その実現を心待ちにされていたよう。

思い入れのある、おばあちゃんの家。
生まれ変わるのを、ご家族の皆さんも楽しみにしてくれているようです。
数ヶ月後、みなさんの笑顔が見れるよう!
ご期待に応えねば!です。

もしかしたら…
見ることのなかった普通車の進入になるかもしれません!?
ご近所の方々にも、暮らしやすい環境となれば、
まちなかの価値、さらに上がるかもしれませんね。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【終了】4月27日(金)いいかげんな家づくり

 
ナカノジロウ建築デザイン事務所の家づくりカタログ “いいかげん” ができました。
今回はその中から、まちなか暮らしの2例をじっくり紹介。
お施主さんの生の声が聞けるかも!?
家づくりに興味のある方はぜひ遊びに来て下さいね。

[ 日 時 ] 4月27日(金) 18:30〜20:30

[ 定 員 ] 10名程度
[ 参加費 ] 無料

ぜひお気軽にご参加ください。
→お申し込みはこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します 

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【終了】4月11日(水)暮らしにいいもの研究会~料理の道具 その② 焦げ目つく道具~


焦げ目つく道具
 ル・クルーゼのグリル・ロンド
 ホットサンド バウルー ダブル

じっくりローストしたチキンブレス&直火で焼いたタマゴ入りのホットサンドを
楽しく一緒に作ってみましょう!
美味しい“焦げ”をみんなでいただきます。


[ 日 時 ] 4月11日(水) 11:30〜13:30
[ 定 員 ] 10名程度
[ 参加費 ] 800円

ぜひお気軽にご参加ください。
→お申し込みはこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~暮らしにいいもの研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 






 




2018年3月20日火曜日

【終了】5月12日(土)まちなか研究会 ~N.Y.C * T.S.C ~


ニューヨークシティ
トクシマシティ

NYのセントラルパーク
TOKUSHIMAのセントラルパーク


画像・映像・お話から魅力を探ります。
実はほとんど同じ??…いややっぱりぜんぜん違う?!
新たな発見があるかもしれません。

[ 日 時 ] 5月12日(土) 14:00〜16:00
[ 定 員 ] 10名程度
[ 参加費 ] おみやげ付き 500円

ぜひお気軽にご参加ください。
→お申し込みはこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~まちなか研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月15日木曜日

サクラ咲く(*´ω`*)

 
春です~。
ソメイヨシノより一足お先に花開く、
徳島公園のハチスカザクラ。
ただいま、見頃☆


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月14日水曜日

自転車の季節


見上げると、キレイな青空がつづく毎日ですね。
寒さも和らぎ、
自転車ではしるのが気持ちよくなってきました(*^^*)

通勤は、ほぼ自転車。
肌身で季節を感じます。

ちなみに、家からロフトハウスストアまで約2km。
自転車で10~15分くらいの通勤です。

以前は、おうちまで約6km。
自転車で30分くらい…?正直、自転車は使わず、
車とか原付バイクとか、ガソリンに頼っておりました。
一目惚れで買ったベスパも、
今のおうちに引越し後、ほどなくお友達のもとへ…
すっかり乗らなくなってしまいました。

暮らす場所によって、移動手段も変わりますね。
身をもって経験しました。

自転車生活、なかなかに身軽です☆

荷物はいっぱい運べませんが、
持たない工夫と、うまく乗せる工夫をするようになります。
お天気に少々左右されますが、
歩く努力をするようにもなりますね。
意外に時間短縮できたり、駐車場いらずだったり。
自分の足でこいだら進む道具…運動も促します!

人間とは、選び与えられた環境に、順応する動物ですね(*^^*)

毎日一緒に過ごす、お気に入りの MY 自転車。
通勤用にと、カスタムして用意してくれた1台です。
https://tokyobike.com/

これからの季節、
さらに心地よく、まちを駆け抜けます~。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月12日月曜日

ロフトハウスに暮らす…ファミリー?


キッチンに立つお母さんウサギ。
おやつを待って、テーブルにスタンバイしてる子供リス。
玄関先に、訪ねてきたお友達のタヌキくん。

ロフトハウスに暮らすシルバニアファミリー達。
さてさて、この家の中に、何人いるのやら?

ちいさな家研究会 vol.30 「シルバニアファミリー的 家づくり」
ロフトハウスの模型で、暮らし方のシミュレーションです。

ご用意した25坪のロフトハウス。
1階は、LDK・水回り・プラス α のお部屋。
このプラスのお部屋は、寝室として活用してもらうこともできます。
2階は、吹き抜けを囲むL型のスペース。
ベッドを置きながら、3人寝れますね~なんて話もしました。

ご参加の皆さんも一緒に、
家具をレイアウトしたり、人形達をそこかしこに並べてみたり。
「家政婦は見た」的な動物もいましたね☆

模型を使うことで、
より具体的に、ロフトハウスでの暮らしを
イメージしてもらえたご様子(*^^*)

いまだかつて作ったことのない縮尺での模型。
しっかりと遊んでいただけるサイズです!
研究会の後は、STOREでディスプレイ中。
ぜひ実物を、ご覧になっていただきたいです。
ほんとに結構楽しめますよ~。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~ちいさな家研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月4日日曜日

建物は古いが気に入っている ~アパートのリノベ~


朝日、かもめ、雪、エイ、
クルーズ船、花火、ブルーインパルス…

毎日、窓を開けるのが楽しい。
まちなかでも “ 何か ” を得ることができる。
ひょうたん島を、川向かいから望む方の、暮らしのワンシーンです。

まちなか研究会 「vol.28 ひょうたん島に住む。」
賃貸アパートのリノベーション事例も紹介しました。
この変化が、なかなかにオモシロいのです(゜▽゜*)
ぜひ聞いてください☆

リノベーション前
 建物の真ん中の外階段を挟み、
 向かい合わせに3DKと1LDKの2物件。
 数年にわたり入居者がおられないという状況。
 こんないい場所なのに。
 もしかしたら、間取り的に、半畳のお風呂や脱衣できる場所はどこ?など、
 今の暮らしになじみにくいのかな…
  ↓
リノベーション後
 外階段を挟んだ2部屋を、内部の壁を撤去してつなぎ、
 4LLDK!の1つの物件に。
 2つある玄関のひとつは、あえてふさぎました。
 新しいご家族が暮らし始め、
 お年頃の2人のお子様にも個室が与えられたご様子。
 この間取りなら、きっと次の入居者も見つかるでしょう!

今回のケースは、
賃貸物件を提供される方からのご相談もあり実現しました。
まちなか生活を叶えるアプローチは、
更地に新築、という方法だけでないことを改めて実感します。

購入した中古物件をリノベーションする、
現在の生活に合う間取りにリノベーションされた賃貸物件を借りる。
どちらも、数十年前から変化した、今の住まい方に寄り添ってくれます。

特に、この賃貸物件の before & after を通して、
少しの工夫で、より生かされる場所があることを知りました。
このような賃貸物件。たとえば…
まちなか生活を体験したい方の、お試し空間としても
大いに活用できるのでは!と思います。

私たちのアイデアで、ひとつでも多く、
気に入って毎日を過ごせる暮らしの場所が増えていくことを
実現したいと、心から思います。

毎朝、窓を開けて川を眺める生活。
今日は、大群の魚の群れを見つけ、海から迷い込んだ??と
家族の会話が弾んだようですよ。楽しそう(*^^*)


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~まちなか研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






2018年3月2日金曜日

【終了】3月21日(水) まちなかリノベーション[ 全3回 ]



第1回 この建物、使えるのか? 使えないのか?

先代からの建物を引継ぎ、リノベーションして利用する と決めたとき、
家族や街にどんな化学反応が起こるのか?!
進行中の2つのプロジェクトを追う全3回シリーズ。


[ 日 時 ] 3月21日(水) 18:30~20:30
[ 定 員 ] 10名程度
[ 参加費 ] 茶菓付き 500円

ぜひお気軽にご参加ください。
→お申し込みはこちらから


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~ちいさな家研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年2月28日水曜日

白鳥缶切


わが家の缶切りは、白鳥型です。

初めての一人暮らし。
缶切りが欲しくなり、電車に乗ってお買い物へ。
東急ハンズだったか、Loftだったか。

気に入ったモノを買いたい!
そんな気持ちだったことを思い出します。
たかが缶切り、されど缶切り。
きっとこの先、買い足すことも、買い替えることもないし。

それから、約20年。
ず~っと私の缶切りは、この白鳥です。
最近の缶詰は、道具いらずのプルタブがほとんどですが、
このプルタブ自体が取れるという不幸が起こり、
久々に登場しました!
今見ても、可愛い~自己満足の世界ですね(>_<)☆

ちょっと検索してみたら、今も変わらず売られています。
なんだか嬉しくなりました。

たとえ小さな、数百円のものでも
一度買ってそう買い替えないという意味では、これも一生モノ。
気に入って、大事に長く使えていることに、満足しています。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年2月27日火曜日

なぜそこに ~few coffee stand~



ひょうたん島から、橋1本。
南前川町に、素敵なコーヒースタンドがあります。

場所選びから、お店のOPENまで。
その経緯の一端を、聞かせてもらいました。

まちなか研究会 vol.28
テーマは、ひょうたん島に住む。
家づくりの事例に続き、SHOPの事例も紹介。
お店づくりにたずさわったWrap今瀬が、guide をつとめました。

コーヒースタンドの横で、オフィスを構える彼に、
まずは質問「なぜそこに?」
答えはとってもシンプル「徳島公園が好きだから」

たしかに(*´ω`*)
コーヒー片手に公園へ出かけられる距離感。
お店から公園への道中、橋から見える景色もとっても気持ちよく。
楽しい時間が想像できます。

お店づくりのイメージとしては、
特別に新しくなったよ、というよりは
「そこに入ったよ」という、シェアする感じを出したかった、と。
その言葉通り、お店はまちなみにしっくりなじむ雰囲気。
センスの良さも、かもし出されています。

オーダーしたコーヒーを、店内で待つ時間も飽きません。
街行く流れる景色を眺めたり。
正面の大きな緑にほっと和んだり。
時に、前の建物から新郎新婦が現れる幸せな場面にも出逢えたりします。

こういうSHOPがじわっと増えていき、
それに付いて、さらに新しいお店が増えていく…
彼から、そんな話もありました。
ほんとにそうですね。
そういう流れができ、まちに楽しみが増えること、期待したいです。
もちろん、私たちも、いつでもお手伝いいたします。

few coffee stand
https://few-coffee.jimdo.com/



staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~まちなか研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年2月24日土曜日

和+草間彌生さん


思いもかけない場所に、
草間彌生さんのカボチャ!

畳敷きの大広間の壁、舞台の上に並ぶ作品。
和の空間で見る草間さんワールド。印象的でした。
壁の青色も、とても美しかった。

in フォーエバー現代美術館 祇園・京都


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

横顔もキレイ



働く道具、必要なもの達の造形が美しいのは
素敵だ(*´ω`*)

in % ARABICA Kyoto Higashiyama


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年2月23日金曜日

ご飯のおともは、蒸籠で

 

インドの圧力鍋で、炊き立て白ごはん。
その横で、ご飯のおとも・せいろ蒸しも準備します~。

使う道具は、照宝の蒸籠(←せいろと読みます)
今回の暮らしにいいもの研究会。
料理の道具その①と題し、この「湯気立つ道具」も紹介しました。

蒸籠と聞いて、
ちょっと扱いが大変でわが家には縁遠いのかしら…?と思っていた私。
このランチタイムで、そのイメージはくつがえりました!

想像以上に簡単なレシピ。私好みです(゜▽゜*)

用意した材料は、豚肉&お野菜&きのこ。
明宝ハムという、岐阜からの食材もありました。

①材料を切って、蒸籠に並べる
②専用鍋でなく、今、持っているお鍋でOK!水を入れ、火にかけます
③湯気が出始めたら、蒸し板(※蒸籠とセットで購入可)と蒸籠をセット
④10分もしないうちに蒸し上がり~
⑤そのままテーブルへ

蒸籠のふたを開けたら、すぐに「いただきます☆」
すご~い。雰囲気もえぇ感じ~。
お好みで、ぽん酢やだししょうゆ、薬味をつけて。
白ごはんもすすむ、えぇご飯の友です。

早速その後、検索しちゃいました。
あとは、しまう場所をつくって…もっかい熟考して…ぽち…でしょうか?

今回の研究会。新しく知った道具でたちまち!
毎日の暮らしが楽しくなりそうです(*^^*)


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~暮らしにいいもの研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年2月20日火曜日

素晴らしき、インドの道具


たとえば、料理記者 岸朝子さんのように
「おいしゅうございます」
そんな説得力のある言葉で伝えたいけれど、
出来そうにありません…くやしいぃ(>_<)

今回の暮らしにいいもの研究会。
「料理の道具その① 湯気立つ道具」として紹介したのは、インドの圧力鍋。
ごはんを炊きました!所要時間23分!

炊き立ての美味しさと、ひとことでは言い切れません!
うどんで言うなれば、釜揚げの、あの美味しさ…でしょうか。
ついついお代わりしたくなる…
糖質ダイエット中の方には罪な食べモノです。。
当日も、みんなしてお代わり数回。止まらなくなりました(>_<)

道具そのもののつくりも、
とても興味深いものがあります。

・丸い鍋に対し、ふたは一回り小さい楕円形。
 ちょっと回すとふたは外れなくなります。確かに。そうですね。

・火にかけて数十分。
 蒸気は、前ぶれなく吹いてきました。しかも結構な量。
 思わず後ずさりです。。

・シューシュー出始めた蒸気の音を聞いて、好みの炊き加減に。
 今回は、2シューシューでスイッチoff
 アルデンテも柔らかめも、ご自由に調整可能です。

・炊き上がりは、想像だにしない方法で告げられます。
 できあがったばかりのご飯の上に、ふたが落ちる!ウソん(>_<)
 まさかの光景でした。

…と、まるでテレビショッピングのように並べ立ててしまいましたが、
STOREでのお取扱いはございません。あしからず。
インドまで行かなくても、購入できますよ~。
Hawkins の圧力鍋です。

*この道具 「vol.17 INDIA NIGHT インドナイト」で
 お話下さった方からのクチコミです。
 研究会、つながっているなぁ。
 なんだか嬉しいです~。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~暮らしにいいもの研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南へ1時間半



徳島のまちなかから、南へ車で1時間半。
こんな朝焼けに出会えました。
早起きした甲斐がありました(*´ω`*)
たまには、地元で遠出もいいモノです。

大砂海岸 in 海陽町


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年2月14日水曜日

リノベーション事例 ~けっこう飲んでもたどり着く~



ひょうたん島には、駅もあれば市役所もあります。
公園もあれば、商店街も。
ご飯が食べれるところも、飲めるところもいっぱい。

そんな「まち」の機能を大いに活用しませんか?というのも、
LOFT HOUSE STORE のコンセプトのひとつです。

先日のまちなか研究会 『ひょうたん島に住む。』

住宅のリノベーションによって、
まさにその、まちなかならではのメリットも手にされた、
ご家族の事例を紹介しました。

ではでは、そもそも 「まちなか生活」のメリットって???
たとえば、こんな場面で…

・今日の晩ごはん、用意できる時間がなかった。
 →数軒先のお好み焼き屋さんに、お持ち帰りをお願いしよう!
 →ちょっと歩いてあの通りまで出れば、選択肢も増えるね~

・新しいお店ができた駅前へ、ちょっと飲みに。
 →結構飲んだけど、なんとか歩いておうちまで帰って来れた!

・阿波踊り&えべっさん、みんなで見に行こう~
 →歩いて出掛けよう(*^^*)  お友達も誘って、一緒にここから出発しよう!

さらには…利便性のあるまちなかだからこそ、
余裕のスペースを駐車場として貸して欲しい、という需要もあるようです。

家と場所。
新しい住まいを考えるとき、どちらも大切ですよね。

こちらのご家族は、ひょうたん島ではない、
まちなかの、別のエリアで土地を探されていました。
そんな中、ひょうたん島にある、この中古物件に巡りあい。。
ご家族のお話を聞かせてもらっていたら、
十分候補になり得るのではないか!私たちはそう感じました。
この場所が、暮らしを助け、より楽しい毎日をもたらしてくれるはず!
こうして…ひょうたん島の中古物件をリノベーションすることになりました。

家は、ご家族の要望を踏まえ、間取りを大きく変えました。
借景を生かすべく、窓にも変化を加え、
春には、その窓からキレイなさくらを愛でることができます。

場所は、想像していた通り!
まちなかの付加価値が、もれなく&しっかり、付いていましたね。

その価値を十分に生かし、楽しんで暮らされているご家族。
自画自賛ながら、とてもいい家づくりの提案ができた、と思える事例のひとつです。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~まちなか研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

2018年2月10日土曜日

はじまりましたね(*^^*)



LEDデジタルアートフェス。

まずは、城山公園エリアへ。
聞こえてくる音、変化する照明の色。
しばらく眺めていたくなります。

来週いっぱい楽しめるよう!
いかがですか?
STORE のお泊まり体験も兼ねて。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リノベーション事例 ~川を眺める~

 


『ひょうたん島に住む。』

今回のまちなか研究会は、ひょうたん島にクローズアップ。
まずは、ここで生まれ育ち、
ひょうたん島について知らないコトはない?!
guide ナカノジロウから、事例を紹介しました。

ひとつ目は、住宅のリノベーション。

こちらのご家族は、
新築を建てようと、候補地の情報を持って
相談に訪れてくれました。

ご希望エリアも、ほぼ特定され、
見せていただいた土地も、それに見合ういい場所。
まちなかゆえ、周囲に家が建ち並んでいました。
それも候補に置きながら、不動産屋さんにもちょっとひと声。
新たな候補も、探ってみることになりました。

結果、RC中古物件を購入+リノベーション工事、という計画に。
3階建ての、店舗として活用されていた建物がベースです。

決め手は、川を眺めるロケーション。
この景色は、ひょうたん島の中でも川沿いならではですね。
利便性はもちろん、落ち着いた雰囲気もある、魅力的な場所です。

店舗だったスペースは、一部ビルトインガレージとして利用。
上階をメインの居住スペースとし、川を眺める暮らし、楽しんで下さっています。
こないだのスーパーブルームーンも、
おうちからご覧になられたかもしれません☆

こちらの事例を通して感じるのは、
特に、まちなかにおいては、
「土地+新築」という選択肢に加え、
「中古建物+リノベーション」という選択肢も
十分に考えられるということ。

たとえば、条件に合う土地がなかなか見つからないとき、
その方法を頭の片隅に持たれていれば、
選択の幅が広がり、いい物件に出会えるかもしれません。
場合によっては、費用が抑えられることも。

ひょうたん島に住むこと。まちなかに住むこと。
実現するためのアプローチ、ご提案させていただきます。

新しい暮らしをお考えの方は、
いつでも STORE を覗いてくださいね(*´ω`*)


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活 ~まちなか研究会より~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・