2018年3月22日木曜日

とりのぞくこと。へらすこと。


徳島のまちなか。
人気のエリア。
そこに、昔からあるおばあちゃんの家。
「ここで暮らせますか?」
新しくお住まいを考えるご夫婦に、相談を受けました。

便利な立地ながら、アクセスはちょっと狭いめの道。
近隣で目にする車は、ほとんど軽自動車。
今乗っている、この普通車では入っていけない?
そもそも家自体もどうなんだろう…住めるんだろうか?

LOFT HOUSE STORE 研究会 vol.31
進行中のまちなかリノベーション物件についてお話しました。
まずは、ひとつ目のプロジェクトからご紹介します。

前述のようなお話ではじまった、今回の計画。
家は、築65年くらいの木造2階建て。
平屋だった建物に、増築&リフォームを重ねられたようです。

このご家族の問いに、私たちが出した答えは…
「塀を取り除くこと」
「建物を減らすこと」

まちなかゆえ、
余計に必要とされた塀かもしれませんが、ここはあえて一部撤去。
プライバシーを守りたい部分のみ残し、
円滑に通れるよう、車が入れるよう、塀を除くことを提案しました。

加えて、約110㎡ある建物も、
2階建ての部分を解体し、平屋のみを活用。
50㎡強のスペースに、ロフトがあるプランをご提示しました。

ご夫婦は、早くも完成を楽しみに待って下さっています。
よくよくお聞きすると、プランをご覧になる前から、
この家で暮らせるかもしれない!?という可能性を聞いて、
その実現を心待ちにされていたよう。

思い入れのある、おばあちゃんの家。
生まれ変わるのを、ご家族の皆さんも楽しみにしてくれているようです。
数ヶ月後、みなさんの笑顔が見れるよう!
ご期待に応えねば!です。

もしかしたら…
見ることのなかった普通車の進入になるかもしれません!?
ご近所の方々にも、暮らしやすい環境となれば、
まちなかの価値、さらに上がるかもしれませんね。


staff nami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LOFT HOUSE STORE は
3つの研究会を通じてこれからの暮らし方を提案します

ちいさな家と まちなか生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・